〒270-2225 千葉県松戸市東松戸3丁目6-11 レアル東松戸2階
047-700-5771
instagram
MENU

小児歯科

小児歯科|【きららデンタル東松戸】東松戸駅徒歩3分|土日診療の歯医者

小児歯科

Pedodontics

小児歯科

大人と子どもの歯科では何が違うのでしょうか。子どもの口の中は歯が生えてきたり、生え変わったり、顎が成長したりなどとにかく変化が続くという点が大きな違いになります。
そんな子どものダイナミックはお口の変化をを専門に診るのが小児歯科になります。小児歯科は、多くは0歳から永久歯が生えそろう12歳くらいを対象にしています。多くの保護者の方が一番心配しているむし歯に関して言えば、乳歯は特徴として永久歯より柔らかくてむし歯になりやすいうえ、むし歯の進行も早いので日ごろから予防を心がけることが大切です。しかし、この心配ごとも子どものお口に詳しい歯科医師や歯科衛生士たちと一緒に乗り越えていくことができます。正しい知識とむし歯予防の方法を知ることで保護者の方も安心することができるでしょう。そのお手伝いをするのも小児歯科の役割の一つと考えます。
さらに、乳歯には永久歯を正しい位置に導く、咬むことや食べることの機能の獲得、発音への影響、さらには良好なコミュニケーションなどとても広い範囲での役割があります。乳歯を守るということは永久歯を守る、大人になったお口の中を守るということにもつながります。もちろん、お口の中は歯だけではありません、問題はむし歯だけではありません。舌小帯などの軟組織の問題、予想しないケガなどいろんなことが起こりうるのが子どもの時代です。

小児歯科専門医とは

日本小児歯科学会の小児歯科専門医とは、厚生労働省の認可を受けた歯科医師で専門的知識と治療技術および豊富な臨床経験があります。
全国には約10万人以上の歯科医師がおり、また小児歯科専門医ではないが小児歯科を標榜している歯科医院は数万件あります。しかし、その中で日本小児歯科学会の小児歯科専門医は約1200人(約1%)と非常に貴重な存在です。
当院にも小児歯科専門医が在籍しておりますのでお気軽にご相談ください。

歯医者さんを好きになってもらうために

歯医者さんを好きになってもらうために

歯医者さんが好きなお子さんもたくさんいます。まずは心配しないでいらしてください。歯医者さんに行ったことのないお子さんは歯科医院がどんなところか知りません。保護者の方が感じているイメージと違うかも知れません。ぜひ、初めてのときは「歯をきれいにしてくれるところ」と伝えてもらえると良いと思います。そうは言っても、低年齢のときには何がなんだかわからないでしょう。場所に慣れてもらうこと、歯医者さんのスタッフと「お知り合い」になることも大切です。好きになってもらうにはまずは「治療」にならないように「予防」で通えるとお子さんの負担にもならないと思います。もし「治療」であったとしても、私たちスタッフはお子さんの様子を見ながら、精神的なフォローもしていきます。
また低年齢のお子さんの場合、午前中の受診もオススメです。夕方ですと疲れが出てきて気持ちがのらなくなることもあるからです。待合室はお子さんがリラックスできるように配慮しています。少し早めに来院しお子さんのお気に入りの絵本やおもちゃなどで遊んでお待ちいただくのもいいかと思います。

咬合誘導

小児歯科における咬合誘導は、正常な顎の成長を誘導するもので、歯をきれいに並べるものとは少し考え方が異なります。早期に治療しておいたほうが良いのは、反対咬合(上下の歯が反対に咬みこんでいる)や交叉咬合(奥歯が左右どちらかにずれて咬んでいる)などがあります。どれも顎の正常な発育をじゃますることになるので早期に治療をしておくと良いでしょう。また、指しゃぶりやおしゃぶり、舌の位置が正しくないことで行う歯並びの影響もあります。乳歯の時代から治療が必要なこともありますので、ご心配でしたらご相談ください。

妊婦さんの治療

妊婦さんの治療

歯科医療が妊婦さんに影響を及ぼす可能性は低いものですが、これから「お母さん」になる患者さまにとってお子さまに対してリスクはなければないほど良いものであると思います。「妊娠中は歯科治療をしてはいけない」と考えられている患者さまもおりますが、安定期の方に関しましては、態勢や全身状態などに配慮しながら普段と変わらない診療を受けることができます。また妊娠をご希望なさってる患者様にも適切なタイミングで適切な歯科治療をご提案させていただきます。 歯周病と早産の関連性も言われています。さらに出産前からお母さんのお口の中の環境を良くしておくことは、生まれてくるお子さんのお口の中を考えても重要です。実はお母さんだけではありません。むし歯は感染症の一つですから、身近な養育者の方はみなさんご自分のお口の中を見直し、出産前から歯科治療を受けておくと良いでしょう。スキンシップは重要です。赤ちゃんとの大切な時間を持つためにもぜひご家族、身近な方々お口の中をきれいにしておきましょう。